EA_final_max_5pair
EA_final_max_5pair

EA_final_max_5pair | fx-on.com<EAの詳細とリリースから現在までの成績はこちら>
EA_final_max_5pair | fx-on.com
今回は、5通貨の中でEURUSDにフォーカスしてバックテスト検証をしてみました。

今回から追加された機能をふまえてEURUSDの2015年1月~現在までのバックテスト結果です。
(設定はデフォルトOnly Puls Entryモード:OFF/時間決済:ON/BOOST:1) 
5e
5eレポート
初期投資額 30,0000円 リスク1.5
PF1.17
最大ドローダウン 11.95%
勝率 76.54%
取引回数 243
純益 11980

今回のバージョンアップからデフォルトのBoostが1となりました。

前回のバージョンより取引回数を減らすことにより直近のドローダウンは見事に回避できているようですが・・・。
全体を通してみるとまったく噛み合っておりません。これって取引回数を減らすことによって直近ドローダウンのタイミングだけたまたまエントリーしていなかったような感じがしてなりません。
未来の事は誰にもわかりませんので、バックテストを重要視している私としましてはこのまま稼働させるのもどうかと思います。

という事で、前回も安定化設定として紹介しましたが、TP10・SL60でBoost1にしてバックテスト検証してみました。

2015年1月~現在まで(Only Puls Entryモード:OFF/時間決済:ON/BOOST:1)
5e10
5e10レポート

初期投資額 30,0000円 リスク1
PF1.78
最大ドローダウン 5.61
勝率 90.84%
取引回数 262
純益 53342

結果的にはTPを10に変更しただけですが、かなり改善しています。グラフを見てもドローダウンが大幅に減少していることがわかると思います。
他の通貨も同様にバックテストしてみましたが、EURUSDがもっとも顕著に改善されていました。
という事で、この通貨はやはりTP10に変更した方がいいんじゃないでしょうかね。
全体をTP10・SL60にするとコツドカEAになりかねませんが、EURUSDだけならほとんど影響はないでしょう!!



EA_final_max_5pair
EA_final_max_5pair

EA_final_max_5pair | fx-on.com<EAの詳細とリリースから現在までの成績はこちら>
EA_final_max_5pair | fx-on.com


<ワンクリックいただければ幸いです!>

システムトレードランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村